酵母と乳酸菌、実は非常に良好な関係にあることがわかっています。乳酸菌の効果を高める役割を酵母が担っているだけではなく、その逆に乳酸菌が酵母の役に立っている現状もあります。そんな乳酸菌と酵母の関係について紹介します。

乳酸菌の効果を高める酵母の作用とは?

酵母も乳酸菌も酸性を好むことで生息環境が似通っている共通点があります。そして乳酸菌が生成する乳酸の効果で酵母菌の成長が促され、成長した酵母菌が乳酸菌の餌になることで、お互いにとって良い関係にあります。

こういった相互依存の関係にあることを踏まえると、酵母菌と乳酸菌を同時に摂取することでお互いの良い点を補完し合うことができるので、実はおすすめの摂取方法だったりします。

酵母菌と乳酸菌の共通点は、

・発酵食品の材料である
・同じ食品に混在することもある
・腸内環境の改善効果が高い
・酸性を好み、生息環境が似通っている

この様に多くの共通点があることが酵母菌と乳酸菌の関係が良好である要因の一つなのです。

しかし、酵母菌と乳酸菌にも違いがあります。

・糖質から作り出す成分が異なる
・腸内で作用する場所が違う
・細胞の構造が違う

この様に違いがあることも実はメリットだったりします。同じ腸内でも作用する場所が違うことは腸内の様々な場所で善玉菌にとっても良い作用を発揮するということにつながりますし、その効果をより享受できるということにもつながります。

あなたも酵母菌と乳酸菌の効果をより高めるためにも、同じタイミングで摂取することをオススメします。酵母菌も乳酸菌も発酵食品に多く含まれていますので、食生活を発酵商品中心にすることで、非常に高い効果を実感できますので、ぜひ試してみてください。


>>酵母の全て事を知りつくした私<<
あなたにオススメなとっておきの酵母サプリを徹底比較!

人気の酵母サプリランキング

これであなたのダイエットも約束されたようなものです。
苦しくない、リバウンドのない方法で痩せませんか?

コメントをどうぞ