酵母を摂取することで血糖値とインスリンの上昇を抑制できることがわかっています。実際に幾つかの被験者で研究を行った結果を踏まえて、酵母の摂取による血糖値とインスリンへの影響について考えてみたいと思います。

血糖値とインスリンの抑制ができる酵母の効果

現在の日本では、40才以上の3人に1人が糖尿病予備群と診断されていますので、約2000万人もの人が実は血糖値について悩んでいるということになります。そうした血糖値に悩む人の解決策の一つが酵母なのかもしれません。

血糖値の上がりやすい人と上がりにくい人を集め、合計13人の被験者で行った実験があります。その実験では、生きた酵母を毎日3回、3グラムずつほど約2週間にわたって摂取し続けるというものでした。

その結果、血糖値の上がりやすいグループの人は、血糖値をインスリンの上昇を抑制している効果が見られ、血糖値の上がりにくいグループの人には、血糖値に殆ど変化がありませんでした。つまり酵母の摂取は血糖値とインスリンの上昇抑制効果があることと必要以上の変化を起こさないことがわかったのです。

つまり酵母は血糖値をどのレベルに維持することが人体にとって良いことなのか?を理解している感じなのです。だから健常者が酵母をいくら外部から摂取しても血糖値が下がりすぎるという変化がなかったのです。

更にこの実験では、コレステロール、中性脂肪、LDLコレステロールも酵母摂取前と比較すると明らかにそれぞれの数値が改善されていることもわかっています。酵母が活動するなかで行う発酵で、人体にとって有害なものを分解吸収し、体の外に排出する手助けをしているわけです。

これは一般的に販売されている酵母サプリでも生きて腸に届くものであれば同様の効果が期待できることですので、もしあなたが糖尿病予備群と診断されて、血糖値のコントロールが必要だったり、インスリンの抑制、コレステロールや中性脂肪、LDLコレステロール値の改善を考えている際には、酵母サプリを取り入れてみる価値があるということに繋がります。


>>酵母の全て事を知りつくした私<<
あなたにオススメなとっておきの酵母サプリを徹底比較!

人気の酵母サプリランキング

これであなたのダイエットも約束されたようなものです。
苦しくない、リバウンドのない方法で痩せませんか?

コメントをどうぞ