酵母を食べることで免疫力が向上するという効果があるそうですが、酵母のどのような働きが免疫力の改善に効果的なのでしょうか?酵母と免疫力の気になる関係を紹介します。

酵母には、免疫力を向上させる効果がある!

酵母には様々な効果がありますが、酵母が生み出す酵素が免疫力にも重要な役割を担っています。人間が生きていく上で、酵母が生み出す消化酵素と代謝酵素が非常に重要な役割を担っています。

もし食物酵素が不足した場合、消化酵素を余分に作る必要があり、その結果代謝酵素が不足する自体に陥ります。そして代謝酵素が不足することで体の機能に様々なトラブルが起こる原因になるのです。

病気になったり、体調が悪くなったりします。つまりは免疫力の低下が引き起こされるのです。実は代謝酵素が病気を予防する体内の仕組みの中で重要な位置づけにいることがわかっています。そんな代謝酵素が不足することで免疫力が低下してしまうのです。

食物酵素が不足しないように、食物酵素が多い食品を食べることが大切ですが、デンプンの消化を助けるアミラーゼは大根やカブ、タンパク質の消化を助けるブロメラインはパイナップル、プロテアーゼはバナナやチーズに含まれています。

他にも卵白には人の白血球にも存在ステイルリゾチームという酵素が含まれていることがわかっています。何よりも発酵食品には様々な酵素や酵母が含まれていますので、発酵食品を普段の食事の際に多めに取るようにすること、添加物だらけの食品を食べ過ぎないことが大切です。

消化酵素の使いすぎを防ぐためにも、免疫力を低下させないためにもできるだけ食物酵素が多い食事を心がけるようにしましょう。また酵母にはマクロファージやNK細胞の働きを活性化させるβグルカンが豊富に含まれていますので、そういった面でも免疫力を向上させることができます。


>>酵母の全て事を知りつくした私<<
あなたにオススメなとっておきの酵母サプリを徹底比較!

人気の酵母サプリランキング

これであなたのダイエットも約束されたようなものです。
苦しくない、リバウンドのない方法で痩せませんか?

コメントをどうぞ