ビール酵母と言えば、麦の栄養分を吸収して成長したものなので、麦のGI値の高さを考えるとビール酵母も同様に高GI食品になると思いますが、実際にはどうなのでしょうか?ビール酵母のGI値ってどのくらいなのか?低インシュリンダイエットに影響があるのかをチェックしてみました。

低インシュリンダイエットとビール酵母のGI値の関係

低インシュリンダイエットをしている人の場亜位、特に炭水化物を控えた食生活を行う必要があるので、ビール酵母がもし高GI食品なら控える必要があると主う人もいるかもしれません。でも低インシュリンダイエットの定義から言えば、ビール酵母は全く問題ないです。

そもそもビール酵母が成分する過程で大麦の栄養素を大量に吸収しているだけなので、炭水化物ではないのです。ビール酵母はあくまでもビール酵母という名の微生物ですから、GI値という考え方も当てはまりません。

低インシュリンダイエットでは、炭水化物の摂取を制限することで脂質の分解を促進し体脂肪を落とすダイエット方法なので、むしろビール酵母は積極的に摂取すべきなのです。これはビール酵母には膵臓から分泌されるインシュリンを抑制する作用もあり、低血糖の状態になりやすくなります。

ただダイエット目的でビール酵母を摂取すると、ゲップやおならの量が増えますので、その点は最初に理解しておいたほうが良いです。

ビール酵母には、インシュリン抑制作用だけではなく、豊富な必須アミノ酸、ビタミン、ミネラル、食物繊維など非常にダイエットに向いている成分が豊富に含まれていますので、低インシュリンダイエットを行っている人以外でも積極的に摂取する事で非常に良い効果が期待できます。


>>酵母の全て事を知りつくした私<<
あなたにオススメなとっておきの酵母サプリを徹底比較!

人気の酵母サプリランキング

これであなたのダイエットも約束されたようなものです。
苦しくない、リバウンドのない方法で痩せませんか?

コメントをどうぞ