ビールを飲むと酵母を飲んでいることになるのかという疑問があるかもしれませんが、一体どうなんでしょうか?ビールを作るのには、ビール酵母が使われていますが、実際のビールにビール酵母がどこまで含まれているのかを調べてみました。

ビールを飲んでもビール酵母があるわけではない。

全てのビールはビール酵母が発酵することで、アルコール分と炭酸ガスが発生してビールになりますが、商品にする過程で加熱処理をしたり、ろ過したりすることでビール酵母は殆どビールには残っていません。

ただし、非加熱のビールや無ろ過のビールを飲んだ場合には、ビール酵母が含まれた状態のままであることありますので、そういった商品であれば、ビール酵母をビールから摂取できる可能性があります。

銀河高原ビールだと無ろ過なので、ビール酵母が含まれている可能性が高いです。しかしビールを加熱処理することでビール酵母自体は死んでいるということもあります。ただ酵母の場合、死んだほうが吸収率がよくなります。

これは酵母が生きている場合に細胞膜や細胞壁が非常に丈夫なので、身体への吸収力が悪くなる傾向があるということに起因しています。もし酵母の持つ栄養度を効率的に吸収したい場合には、サプリメントが好ましいと思います。

ビール酵母は、エビオス錠などという商品名でも販売されていますので、ビール酵母を栄養素として吸収したい際には、ビールを飲むよりもビール酵母のサプリメントを購入することをオススメします。

ドイツのヴァイツェンなどは無ろ過で酵母が残っているビールなので、もしビール酵母をビールを飲むことで摂取したいと考える場合には、ヴァイツェンやデュペルのような海外のビールを飲むと良いでしょう。


>>酵母の全て事を知りつくした私<<
あなたにオススメなとっておきの酵母サプリを徹底比較!

人気の酵母サプリランキング

これであなたのダイエットも約束されたようなものです。
苦しくない、リバウンドのない方法で痩せませんか?

コメントをどうぞ