生きてる酵母が腸に届く酵母サプリと言えば、カメヤマ酵母です。でもそもそも酵母がいきて届くことって、そんなに重要なんでしょうか?酵母の働きと体の状態について紹介したいと思います。生きてる状態で届くことにこそ意味があるということがこの記事を読むとわかります。

生きてる酵母が腸に届くカメヤマ酵母!

酵母が生きてることの意味を知る前に、なぜ生きてる必要があるのか?という話を先にすると、実は酵母は微生物なんです。だから生きてることにすごく意味がある。もし死んでしまえば、人体にとって重要な効果効能をもたらしてくれる微生物としての作用を活用することが出来ないんです。

生きてることの意味は、小腸に常在し、大腸にむけてどんどんと酵素を送り続けることができるということ。そうなんです。酵素を産む大元が酵母なんです。だから生きて届かないと単なる栄養素に成り下がってしまうんです。それでも十分に栄養素としての効果はありますが、同じものを同じように取るのであれば、より効果的な方法で摂取したいものです。

だからこそ、各社が生きてる状態で腸まで届くようにコーティングすることで胃酸や胆汁などの人体からの攻撃に耐えられる様な状態にしているんです。これが非常に重要な話です。生きてる酵母はどんどん酵素を生み続け、人体の活動を内側からサポートしていきます。その結果、エネルギーを生み出したり、消化吸収力を高めたり、様々な効果が期待できます。

女性に取って嬉しいダイエット効果も生きてる酵母だからこそ意味があるんです。基本的に酵母は酵素に比べ腸まで原型をとどめて届きやすいように細胞壁で守られていたりしますが、それでも十分ではないのです。それ位人間の消化力は優れています。

これ大事なポイントです。殆どの酵素は実は腸に届く前に分解されてしまうので、その効果を十分に発揮でしませんし、年齢と共にどんどん減少していってしまうんです。そんな酵素を効率よく補給する方法が、生きてる酵母を腸に届けるということ。その役割を担っているのが、カメヤマ酵母のような酵母サプリなんです。


>>酵母の全て事を知りつくした私<<
あなたにオススメなとっておきの酵母サプリを徹底比較!

人気の酵母サプリランキング

これであなたのダイエットも約束されたようなものです。
苦しくない、リバウンドのない方法で痩せませんか?

コメントをどうぞ